スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをリニューアルしました

本日より拙ブログを

「激愛!猫流(にゃんりゅー)島!!」あらため

「猫とハグ。」というタイトルに変更しました。

URLは変わりませんので お手数ながらリンクして下さった方は

名前の変更をお願いいたします。

ま、変えなくても リンクされますけどね・・・


思えば2009年4月1日から始まったこのブログも

はや5年目に突入いたしました。


7キロ超に成長した 猫たちとのスキンシップは

「抱っこ」 というより

「ハグ」 に近いです。

ぶっとい前脚を 私の身体にまわしてきます。

あったかい身体と 耳元でゴロゴロ聞こえる喉の音が大好きです。


いろんなことがありました。

嬉しいことも 悲しいことも

猫とハグして 分け合いました。


そして何より どんな時も

あたたかく見守り、励ましてくださった皆さまには

本当に感謝しています。

ありがとうございます。

13040101.jpg

これからも ひとりと 2ニャンを よろしくお願いいたします。
 


ランキングカテゴリを「猫と一人暮らし」に変更しました。
クリックしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

もう少し、あの頃のこと

うちに来た頃のコジローとムサシ

070205.jpg 

ママと離れて、心細かったんだろうね。

片時も離れることがなかったね。

ミーコママは避妊手術を終えて数日間は、近所をうろうろしていた。

その後、やはりノラ猫のチビに、ご飯をくれるおうちの引継ぎをして、姿を消した。

チビがムサコジの前にミーコが生んだ子供だったのかは、知る由も無い。

今でも、ミーコによく似た仔猫を見かけると、「ミーコの子供かも」と思ってすぐにはっとする。もうミーコは子供産めないんだった。私達が人間の都合でやってしまったこと。本当にそれで良かったのか、いつも答えは出ないまま。ミーコがいなくなったのが、その答えなのか? そんな後ろめたさを抱えたまま、せめてこの仔たちは幸せにするよ、と心に誓うnyakotomoなのでした。

小さかった頃の写真、もう少しお見せしますね。

070202.jpg 

ケージがまだ2階建てだった頃。

070203t.jpg 

今じゃこれだもんね。

070206.jpg 

かわいかったな~

070204t.jpg 

070207t.jpg 

・・・・・・・・・・390

まあ、元気が何よりってことで

 


 155 昔も今も可愛いよ、と思ったらクリックしてね!
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村

なんでムサシとコジローなのか

昨日、3歳のお誕生会で幸せな空気に包まれた猫流島

そろそろ出会いのお話を…

これが2匹のお母さん、ミーコ。3年前の写真です。

miiko_20090630155136.jpg 

うちの隣のお米屋さんのご主人が、子猫だと思ってミルクをあげたりしていたので、そこの車庫に住み付くようになっていました。

070101.jpg 

これは今年の4月に撮った写真。3年前車庫だったところは、今はお店になっています。

最初私は、向いの駐車場で見かけたミーコを、うちのコにどうかな?と思っていました。身体が小さくて、お腹に子供がいるなんて思いもよりませんでした。

先代猫のみっくんが亡くなってから1年、自分に課した喪が明けたところでした。

駐車場でカラスとタイマン張っているミーコを、うちの窓から見ながら夫のkanitomoに、「あのコ、どうかな?」と訊くと、「これ以上おっかない女はうちには要らない」と即座に却下されました。どういう意味じゃ~(怒)

私が近付いても威嚇するし、猫パンチを何度もされて、「やっぱ無理かあ」と諦めていたある日…お米屋さんのご主人が私を車庫に手招きして、

「猫、飼わない?」 と仰ったのです。

「子猫だと思ってたら子供産んじゃってさ~ 見る?」

お米屋さんには大きい黒ラブがいるし、奥さんが猫アレルギーだから飼えないということでした。

私は動揺しました。見たら飼いたくなるに決まってる!でも見たい!触りたい!

一年間の猫断ちは反動が大きかった。

「見る見る」

薄暗い車庫でまだ目が明くか明かないかの茶色い塊を胸に抱きました。私の胸で、もぞもぞと動くふわふわの塊を「あったかい」と感じたときから、もう答えは出ていました。これって運命?

この時抱いたのはムサシの方でした。コジローはその頃から用心深くて、車庫の奥深く、手の届かないところに入り込んでいました。

乳離れする2ヶ月ぐらいはお米屋さんでご飯などの面倒をみてくれることになりました。

車庫の脇で仔猫たちがチョロチョロし出すと、近所のちょっとしたアイドルに…誰かに連れていかれやしないか心配で、毎日様子を見に行っていました。

070103.jpg  

ムサシはだんだん人に馴れたようでしたが、コジローは人間を警戒して、そばの桜の木に登ったり、どこかに隠れたりして、なかなか近くに寄ってきませんでした。

そして8月26日早朝、近所の人と協力して、ミーコと仔猫たちを捕獲!

すぐ獣医さんに連れて行き、ミーコは避妊手術をしてもらい、仔猫たちはノミ取りスプレーを全身にかけられ、虫下しと目薬を処方されました。

まだオスかメスかわからなかったので、先生に訊くと

「キジトラはオス、白黒はメスだね」 と仰いました。

オスは男らしい名前がいいと思っていたので「ムサシ」、白黒の方はよく桜の木に登っていたので「さくら」と名付けました。

ノミを洗い流すための、生涯最初で最後の入浴地獄絵図の後、きれいになった「さくら」は、肌のピンク色が透けて、我ながらうまいことつけたな~と私は悦に入っておりました。

数日後に病院に行くと、先生が「あれ? こっちもオスだった」 と頭をかきかき仰いました。(おいおい)「小さいうちはわかりにくいのよね~」受付の女性も苦笑いしつつフォロー「カルテのお名前どうしましょ?」って、急に言われても~

片方がムサシだから、ええい、こっちはコジローでいいや!

「ホントにいいんですか? ケンカばっかりするようになるかも」

う~ん、でも他に思いつかないんだもん。それに、コジローって美剣士だったんでしょ。大河ではTOKIOの松岡くんがやってたし…

「コジロー」でお願いします!

かくしてムサシとコジローの兄弟は、我が家を猫流島として暴れまくる毎日を過ごすことになったのでした。

070104.jpg 

まだケージの昇り降りもスロープをつけてあげないとできませんでした。

070102.jpg 

A4サイズに納まる2匹。

070106.jpg 

同じお皿を未だにつかっているので、比較ができますね。

左が現在、右が3年前。

070105.jpg 

ケージも広かったよね~

そんなわけで、どうしてムサシとコジローなのか、という答えはこんないい加減なものだったのですよ。

これからも猫流島をよろしくね!392

 


 155 これからも、応援クリックしお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村

ブログ始めました

ついにブログ始めました。

エイプリルフールじゃありませんよ。

4月1日は友引だからです。

このブログの管理人nyakotomoのtomoは友引の友だからです。

ってこれはエイプリルフールかもね

自己紹介しなくちゃね。

0401k001.jpg

 

兄のコジローです。2006年6月生まれです。

野良猫母さんから生まれたので、本当の誕生日はわかりません。

ニックネームはコジ君です。

  0401m001.jpg 

 弟のムサシです。コジロー兄ちゃんと同じ日に生まれました。

nyakotomoにはムサ君と呼ばれています。

叱られる時は「ムサ~!」です。

0401005.jpg

  これから僕達のまったりにゃんりゅー島な日々を綴っていきます。

→続きを読む

テーマ :    ジャンル : ペット

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。