スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野旅行

週末1泊で安曇野に行ってきました。
朝7:30新宿発のあずさ3号で穂高駅に着いたのが11時少し前。
駅の近くでおそばを食べて大王わさび農場へ行く予定だったのが
ロータリーから周遊バスがちょうど出るところ。
おそばはわさび農場で食べることにしてバスに飛び乗りました。
自転車借りてもよかったんだけどオバハン二人旅は体力に不安が・・・
あづみ野周遊バスは3路線あって1日800円で乗り放題。
うまく乗り継げば行きたい場所に全部行けそうです。

大王わさび農園
わさび田には日よけの寒冷紗がかかっていました。
16091201.jpg 

ワサビの間には澄んだ水が絶え間なく流れています。
16091202.jpg 
ここで食したもの。
ワサビおやきとおろし蕎麦を食べて友人のワサビソフトをひと口もらったら、あんまりワサビっぽくありませんでした。昔来たことがある友人は「ワサビの量が減った」と申しておりました。
お蕎麦はコシ強め味は普通。

周遊バス2度目の乗車で「安曇野ちひろ美術館」へ。
16091203.jpg 

緑の丘の上にいくつかの建物に分かれた大きな美術館でした。
1日ここだけゆっくり訪れても気持ち良く過ごせそうです。
ちひろのアトリエやトットちゃんの挿絵を見て
ここでは何も食べずにまたバスに乗りました。

お次はアートヒルズミュージアムへ
16091204.jpg 

ここはガラスがテーマの体験施設もある美術館です。
エミール・ガレの美術館も入っているのでまずはそこを見学。
ガレはトンボの作品が有名ですがタツノオトシゴなどの海の生物もあったり
菊の花などはとても日本的でどれも繊細で美しく 特にここのは華奢な作品が集められているような印象を受けました。コレクターの好みでしょうか?
ショップコーナーは北欧食器やら白山陶器やら、都心のデパートの食器売り場か雑貨店かという雰囲気。
猫のガラス細工もたくさんあったけど、これといって食指は動かず。
体験施設は吹きガラス、とんぼ玉、サンドブラストなど 夏休みの宿題に使えそうですわよ。

庭になぜかこの時期チューリップが咲いていると思ったら
16091205.jpg 

なんとガラスの花でした。
16091206.jpg
それにしても 雑草だらけだよ。野趣あふれすぎ。

ここで食したもの
リンゴのソフトクリーム。爽やかでおいしかったです。
この美術館の隣に人気のおやきのお店が松本から移転してきたと情報があったので、粉もん好きの私はお土産に買いたかったのですが、完売次第閉店ということで、この日はもう閉まっていました。
わざわざおやきのために明日また来るのも時間がもったいないので今回は断念しました。
通販やってないのでただ一つの心残り発生・・・

ここからまたまたバスを利用して穂高駅まで戻り、今度はホテルの送迎バスに乗って「アンビエント安曇野」へ。ここのクーポン券があるからと誘ってくれた友人は幼なじみで50年来のつきあいです。
彼女は子どもが3人、今年 末娘が大学に入り、長女が就職し、最近長男の結婚が決まり、私とは何もかも違いすぎて今知り合ってたら絶対友達になってないタイプですが、これだけ長い付き合いだと家族みたいなもんで、とても気が楽(向こうは気を使っていたかも?)

夕食はフレンチのフルコース。
仔牛のリード・ヴォー、伊勢海老、黒鮑、信州プレミアム牛...高級食材満載で腹十二分目までいっぱい。美味しかったけど鮑はちょっとしょっぱかったのと隠し包丁入れて欲しかった。

1泊2食付きで夕食の正規のお値段よりお安いとは彼女のおかげですわ。
お部屋はキッチン付き寝室和室リビングルームのリゾート滞在型なんですね。
お風呂は地下の大浴場で循環ろ過式の温泉なので、お湯は透明だけどちょっとトゥルッとしてました。

たった一晩なのに ムサコジに無性に会いたくて~
幼稚園児のお母さんみたいと言われてしまいました。

長くなるので今日はここまで。




 155 更新の励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。