スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安曇野から松本へ

 安曇野旅行2日目もダブル晴れ女のパワーで雨の予報を蹴散らす。
ホテルの朝食は和洋中のバイキングでした。
旅行の時ぐらい違うものを食べればいいのに
いつも食べているシリアルだのヨーグルトを取ってしまう融通の利かない自分にあきれる。
友人は和と洋をフードファイター並みに着実に平らげていました。
健やかでなによりです。
8時半のバスで穂高駅に。
駅からは歩いて行ける9時から開いている「碌山美術館」へ。


16091207.jpg 
ここは安曇野出身の彫刻家荻原守衛の作品と資料を保存・公開している美術館。
佇まいが教会のようです。
荻原と交流のあった高村光太郎らの作品や書簡なども展示されています。
別棟の図書室には国内外の芸術家の画集などが並び、窓から隣の学校のテニスコートで学生たちがテニスをしているのが見えました。
ボールの音とひんやりした空気の中で、書架の端から画集を眺めて過ごしたくなるような居心地の良い場所でした。

他にも魅力的な建物が売店になっていました。
16091209.jpg 
グズベリーハウス

使われていないドアの取っ手がヤモリの形だったり
うろこのような飾りもメルヘンチックです。
16091208.jpg 
中ではおそらく庭の植物から採ったらしき花の種を1袋100円で売っていました。
私はストロベリーキャンドルの種を1袋買いました。

16091212.jpg
今咲いているのは秋明菊でした。

美術館から穂高駅まで戻り、電車で松本に向かいます。
松本城の城下町は蔵造りを模したお店が立ち並ぶまさに観光地。
友人の好きな松本民芸家具の店をひやかしたり井戸水を飲んだり、ぶらぶらしながら松本城へ。
16091210.jpg 

中に入るには30分待ちの行列ができていたので、外から見るだけにしてお濠をぐるっと回ったら、時々ポケモンGOをやっていた友人が「鯉がいっぱいと小さい龍みたいなのが獲れた」そうです。

次は旧開智学校へ。
16091211.jpg 

ここにも秋の花が咲いていました。
16091213.jpg

花と言えば他にもコスモスや蕎麦の花もたくさん咲いていたのですが、バスで移動中に見かけることが多く写真が撮れていません。
昼間は東京と同じくらいの暑さですが、朝晩は冷えるんでしょうね。
秋の花は確実にこちらの方が早いと思います。

旧開智学校の中は明治・大正・昭和の3代にわたる教育資料が展示されています。
私と友人が通った小学校はその当時でも90年近い歴史があったので、ダルマストーブとか机や椅子も、開智学校の展示物と似たものもあって懐かしい感じがしました。
昔の教科書も並んでいて、その中に面白いものがありました。
「ヨキネコ。ワロキイヌ。」の文字と、窓辺で猫を抱く女の子と、窓の下を魚をくわえて走って行く犬の絵が描かれています。
猫が良い生き物で犬が悪いと教えているわけではなくて、文字の形の違いを教えるための対比らしいのですが、猫好きにんまり犬好きムカつく内容ですね。
しかし日本という国は昔からこれだけ教育に力を入れてきたことに感心します。
現代でも満足な教育を受けられていない子供が世界中にたくさんいるというのに。

お昼は「蔵の花」というお店で冷たいとろろそばを食しました。
石臼挽きのお蕎麦は昨日のお蕎麦より格段に美味しく、量もたっぷりで満足しました。
その後「まるも」というレトロなコーヒー店で、松本民芸家具に囲まれて懐かしい味のコーヒーをいただきました。

結局お土産のおやきは駅ビルで買って帰りの電車に乗りました。
楽しい旅も終り、ムサコジの待つ我が家へ。


待ってなかったよ...
16091215.jpg
カキエモン グッジョブ

私が一晩いなかったこと こいつら気が付いてないんじゃね?
ってくらい フツーのムサコジがおりました。
16091214.jpg 

nyakotomoいなくても へのかっぱ
早よ コロコロしろや~




 155 更新の励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。