スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伴侶動物死体遺棄事件について その1

少し前になりますが、19日(土)夜のNHK「追跡A to Z ~どうする?ペットの最期の行き場」という番組を見ました。

今年4月に埼玉県飯能市の山中に大量のペットの死骸が発見されたという事件を覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

埼玉県警は元町議阿部忍容疑者(71)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕しました。
火葬代金を浮かせるために、依頼主から預かったペットの遺骸を焼却せずに、崖の上から捨てるという行為を、十年も続けていたのです。

同じ県内ということもあり、ずっと心に引っかかっている事件ではありましたが、
私のような自分では何もしない弱小ブロガーが何か言える立場ではないと思い、
ブログに書くのをためらっておりました。

ですから、
当事者でもないのに、上っ面の情報だけで、何言っとんねん!
とか
うちのコの最期のことなんて、悲しくなっちゃうから考えたくもないわ!
という方は、ここから先はスルーしてください。



6月は先代猫みっくんが5年前に旅立った月でもあり、
当時のことを思い出すことが多く、
そういえば、うちも電話帳で葬祭業者を決めたんだなあと
(事件の被害者の多くは、電話帳でこの悪質業者に依頼したんだそうです)

うちの電話帳を開いてみたら

062401t.jpg 

バ~ンと1ページの半分以上を占める大きさで問題の業者「花園ペット祭典」が載っていました。

もしもあの時、ここに依頼していたら・・・
そう思うと、やはり人ごとではないのです。

電話帳には「火葬炉完備」と書いてありますが、
実際には火葬炉は持っていなくて、他の業者のところで借りていたのだそうです。
その代金を浮かすために、預かった遺骸をビニール袋に詰めて(一つの袋に何体も)正丸峠というところに捨てに行き、
たまに焼却した一頭分の骨をいくつかに分けて預かったコの骨と偽って複数の依頼主に渡していました。


062402t.jpg 

映像ではぼかしてありましたが、黒いビニールのゴミ袋が散乱する山中の様子は痛々しいものです。
中に詰め込まれていた遺骸は、洋服を着ていたり、千羽鶴が一緒に入っていたりしたそうです。
最初に発見したのは地元の猟友会の方が狩猟中にということで
ここで私の悪い癖で、心の中でツッコミが入りかけましたが、
そこにこだわっていくと、どんどん横道に逸れて頭がグチャグチャになってしまうので、ここは目をつぶってスルーしよう・・・
だってその方が通報してくれなかったらこの事件が明るみに出ることはなかったわけだし・・・

062403t.jpg

番組では江川紹子さんが、今月行われた公判を取材していました。

江川さんは二匹の高齢猫ちゃんの飼い主です。

ゲストは他に犬がペットのリサ・ステッグマイヤーさん
彼女は「こんなひどいこと知らなければよかった」
というようなことを言っていましたが、
本当に、被害者の方の中には、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

番組では他に、ペット霊園建設を巡る住民と業者の対立や
殺処分ゼロに取り組む熊本の動物愛護センターの活動なども取り上げていました。


辛いことですが、
葬儀の問題だけでなく、利益重視の繁殖や虐待など、
ペットに関わる目をそむけたくなるような闇の部分を白日に曝し、
法律の整備をはじめ、学校教育などでも
小さな命を慈しむことに社会全体で取り組む必要性を感じます。



なんだか話がとっ散らかってしまいました。
葬儀のことについてもっと書きたかったので、
この話は次回に続きます


コジローも怒っています↓
062405t.jpg 

062406t

7月7日(水)1時05分(火曜深夜)NHK総合で再放送があります。

 155 この話題が続いてよろしければ、押してください。励みになります<(_ _)>
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村


こんばんは。
ひどい事件でしたね。
色々な事を学ばせてくれる事件でもありました。
ミャオは信頼できる動物病院で紹介してくれた
とても良い霊園でお葬式も納骨もしましたから
よかったのですが
このようなケースに当たってしまった子たちも
安らかに眠れるようお祈りしましょう。

コジくん、お怒りだ~。
何という所で寝ているんでしょう、かわいい(*^_^*)

ワタクシの小学校1~2年時の担任だった浅野先生
(霊能者・宜保愛子女史に激似←ご存知かしら?)は、
我ら生徒にしつこいくらい
「自分がされたらイヤなことは他人にするな」
と言ってくださいました。
当時は「なんでそんなん言うんかな~」程度で
聞いていたのですが、大人になるにつれ
その意味がわかってきましたので、
意識していながら他人にイヤなことはすまい、と
浅野先生の言われたことを守ろうと日々努めております。
(無意識にはイヤなことをしている可能性は大。あと、
商売柄、意識していながらもやらねばならん時もあるのですが・・・)
この遺棄事件は、その浅野先生の言葉をモーレツに
思い出すんですよね。
自分が大切にしている人や動物、家族や友人・・・
それらが自分の知らないところで捨てられたら・・・。
それを考えたら遺棄なんて出来ないと思うんですけどね。
あと、捕まったオサンは、自分が一度山の中に
捨てられてみたらいいと正直思います。
そうすれば、捨てられた子の気持ちも少しはわかるんじゃないかと・・・。

この遺棄事件は本当にひどいケースだと私も思います。
被害にあわれた方が愛犬の為に用意した立派な仏壇の前で「誰の遺骨にむかって毎日お祈りしていたんだろう・・」とうなだれていたのを見てやるせない気持ちになりました。

熊本のセンターのお話も拝見しましたが、仔犬仔猫はまだしも成犬、大人猫の引取りは非常に難しいそうですね。
番組に登場していたイノキちゃんはどうしただろうと気になっています。

目を被いたくなるような事実もありますが、まずは生き物と暮らす事を考えるなら、その生き物の習性や特徴をしっかり勉強する必要性を強く感じてます。
犬や猫をはじめ、動物は着せ替え人形でもぬいぐるみでもないのですから・・。

何か私もとっちらかってしまってごめんなさい。

>まゆげ恋二郎さん

本当に人間のやることとは思えない事件でした。
発覚していないだけで、
日本中の山奥で同じようなことが行われているのではないかと
暗澹とした気持になります。
ペットの葬儀のことなど考えるのは
なるべく先に延ばしたいものですが、
日頃から情報を集めておくことが必要なのかもしれませんね。

コジローは、このところソファーの背中に跨って
オヤジっぷりを増しています(^_^;)

>torazombieさん

小学校1、2年の時の先生の教えを
ずっと覚えて守っていらっしゃるtorazombieさん
ステキです。(宜保愛子さん知ってますよ)
私も「自分がされたらイヤなことは他人にしない」って
人間のキホンだと思います。
このオッサンの罪は、不法投棄とか、詐欺とかで
どのくらいの刑罰を受けるのかわかりませんが、
自分が動物たちを捨てた山の中に、
一晩繰りつけておいたらいいと思います。

>ririsさん

イノキちゃんは放送を見た広島の男性が引き取りたいと名乗り出て、
幸せになっていましたよ。
マスコミの力って、こういうところはすごいなあと感心します。

遺棄事件の被害者の方は、
こんな業者に頼んでしまったことで
ご自分を責めて苦しんでいらっしゃるのではないかと思います。

来年の動物愛護法の改正時に、
ペット葬祭業者を認可制にする方針が固まりつつあるそうです。
その基準がどのようなものなのか、
我々も見守っていきたいところですね。
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。