スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanitomoありがとう

kanitomoが作ってくれた図面を見ながら
家の壁に作品を飾ってみた

112601.jpg 

kanitomoすごいよ
こんなに小さい絵なのに
全部寸法を測ってくれたから
ちゃんと同じ間隔になるように書いてあったよ

私kanitomoが額縁の数とかいちいち聞きに来たとき,
うるさいなあ,こんな小さい額なんだから
現場でどうとでもなるよとか言っちゃって
ごめんね

うちの壁,本当に猫だらけになっちゃって
今日弔問に来てくれた方たち,
ちょっと引いてたかも・・・?

喪中はがきが届くころで
電話がひっきりなしにかかってくる
皆さん「信じられない」って
「お線香あげに来たい」って言ってくださる
お葬式にも,会社辞めたのに思っていたより倍ぐらいの方が来てくださった
お葬式で号泣してる男の人,初めて見たって妹が言ってた

kanitomoの良さ,一番過小評価してたの私かも・・・
kanitomoは私のこと本当はどう思っていたんだろう
「好き」とか「愛してる」とかお互い言ったことなかった気がする
私は居心地のいい寝ぐらみつけた猫みたいに
ずっとずっとすごく幸せだった
kanitomoはどうだった?

112602.jpg 

kanitomoどこいったんだよお


112603.jpg 

どこ行ったんだよお


今日はお薬を飲まずに寝てみます
だってお薬を飲むと夢も見ないで眠れてしまうから

kanitomo,出てこいや~



 155 遺言だから押すように
クリックありがとう!
にほんブログ村

思わず頷いちゃいました

>私は居心地のいい寝ぐらみつけた猫みたいに ずっとずっとすごく幸せだった

すっごくわかります。なんて素敵で素直な…
その寝ぐら kanitomoさんもあったかくて居心地良かったと思います。
ほんとにねえ どこ行ったんだよぉ だよね。も一回撫でて欲しいよね。

生でその壁を拝見できる日を楽しみにしておりますね。

グスンv-409
と涙ぐみながら読んでいたら、最後のバナーで笑っちまった。
kanitomoさんの遺言だからしょうがない、
押してゆきます。ポチッ☆

nyakotomoさんが寂しがってるよー!
kanitomoさん、デテコイヤ~!!

kanitomoさんにとってnyakotomoさんのことは言葉では言いあらわせないくらい大切な存在だったと思います。 kanitomoさんはいつも見えないけれどnyakotomoさんのすぐ近くで見守ってくださっていると思いますよ。 kanitomoさ~ん、nyakotomoさんとムサコジくんの夢の中には出てきてくださ~い。

>私は居心地のいい寝ぐらみつけた猫みたいに ずっとずっとすごく幸せだった

この言葉、すっごく感動です。
すっごくわかるのと、すっごくうらやましいのと。
うまく言えないんですけど、kanitomoさんにとっても居心地よかったのはまちがいないです。
お薬、むりせずに減らしてくださいね。
お日様あたってください。
夢の中でkanitomoさんに会えますように。

>遺言だから押すように

遺言ぢゃなくても、押してたよん。毎日~。e-454

>moomamaさん

社会復帰(?)に向けての,鍵コメ解禁ありがとうございます。
kanitomoは,お天気の良い日はゴルフ場をうろうろしているだろうとにらんでおりますが,
夜ぐらいは帰ってこいや~と思います
これが本当のgolf widowでしょうか?

>くるコトさん

薬飲まないで寝ても,結局爆睡・・
おまけに猫も逃げだす寝相の悪さだったみたい
朝起きたら,2ニャンで暖め合って寝てました
kanitomoもあきれてるよね

>ルナのははさん

今,母がご飯を作ってくれているのですが,
台所にkanitomoが来ているのを感じると言うのです.
そう言えば生前,好き嫌いの多いkanitomoの食事に
私がこっそり嫌いなものを入れていないかどうか,
ご飯の支度をしていると何気にチェックしに来ていました.
あの世に行っても,好き嫌いは直らないのか~

>どらみさん

いろいろありがとう
心残りなのは,
私が幸せだったこと,最後に彼に伝えられなかったこと
だから明日晴れていたら
カニの形の雲を探して(あるんか?)
「ありがとう」って叫びたい(心の中でね)

>どらみさん

そうぢゃないかな~と思ってました
ありがとねーv-415

こんにちは

ご主人は几帳面なかただったんですね。設計か何かのお仕事をしてらっしゃったんでしょうか。猫だらけの壁が素敵です。

言いたいことを言わせてもらって、nyakotomoさんは幸せ。わたしもそうですけれど。主人をときどきは褒めてあげないといけないと反省してます。父はそんな人ではなかったので母は可哀想でした。

猫ちゃんたちも寂しいでしょうね。「どうして?」と思っているでしょうね。実は猫ちゃんたちの絵を、ブログの写真から描かせていただきました。わたしのブログに載せても良いですよね。まずは、お知らせしてからと思いました。

>和美さん

主人は建設会社勤務でした。設計士ではありませんが,建てた後のビル内の設備等の管理をしていました。
大きなビルでしたので,一つの町のようで,毎日どこかで工事をしていたようです。
和美さんご夫婦は,日本の夫婦と違って,会話も多く,思っていることを率直に話し合っていらっしゃるのでしょうね。羨ましいです.
うちの猫たち,和美さんが描くとどんな風になっているのでしょうか?
是非見せてください!とても楽しみです!
>

わが家も長年一緒にいるので、やっぱり言葉少なくなっています。問題があって、話し合いをしなくてはいけない時に限って、話がしにくくなります。仕方ないでしょうが、そのままにせず会話するよう努力しないとだめですね。

絵の方は、もう少しかかりそうです。出来たらお知らせに来ますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。