スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越すべきか?


こんな本を取り寄せて読みふけっています

121701.jpg 

「死別の悲しみを癒すアドバイスブック」
キャサリン・M・サンダーズ著

「対象喪失~悲しむということ~」
小此木啓吾著


前者によると,死別の悲しみにはプロセスがあって
ひとつひとつ克服していくことが乗り越えることにつながるのだそうです.

第一段階<ショック>
第二段階<喪失の認識>
第三段階<引きこもり>
第四段階<癒し>
第五段階<再生>

ここまでくるのに何年もの時間がかかるのだそうで・・・・はあぁ

私は今どこにいるのだろう?
第二段階ぐらいかな?

後者はフロイトがもとになっているみたいだけど,わかるところとわからないところがあるし,恐いところがある.


中身の説明がないと何言ってるのかわかりませんよね.

私の心と体は,kanitomoが死んだ日を境に全く変わってしまいました.

心と体がこんなに影響し合っているものだとは,今まで知りませんでした.

とても疲れています.

暗くてすみません

猫ブログなのに,死別ブログに引っ越すべきかしら?

でも,今日ムサシが可愛かったので,見てください.



カメラ嫌いなのに,目線をくださいました.

でもすぐ逸らしちゃったけどね.


 155 一応ランキングにも参加しています
クリックありがとう!
にほんブログ村

ムサくん、わかいー。白手袋だから、よけいかわいいです。

引っ越すべきとはおもわないけど、猫ブログ〇%・死別ブログ〇%とできるから、そうしておくと、同じ苦しみを抱えていらっしゃる方が読んでくださって、実体験からのアドバイスをくださるかもしれないですね。
nyakotomoさんが楽になっていけることが一番大切です。
暗くてすみませんなんて、思わないでください。
ありのままを書いてこそ、それを読んで「苦しいのは自分だけでない。自分も今苦しいけど頑張ろう。」と思う方がいらっしゃると思いますから。

Re:

>どらみさん

いつもありがとう

死別ブログとか,
mixiの死別コミュを覗くと,
「苦しいのは自分だけじゃない」
どころか,
「私は甘えているんじゃないか?」
と思えてなりません.
私には悲しみと向き合う時間が許されているのに,
お子さんがいたり,お仕事があったり,
泣きたい時に泣けない方がたくさんいることがわかります.
自分の弱さに恥じ入るばかりです.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。