スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪の作業

また猫ブログと関係ない話で恐縮です。

死別カテに引っ越そうにもこのブログのタイトルのままではちょっとな・・・・

ここを閉めて新しいブログを立ち上げるしかないかな?

それにはまた余計なエネルギーが必要で,今の私にはしんどいわ

もうしばらくここに感情ダダ漏れさせてもらいますけど,

読むほうもしんどかったらスルーしてくださいね


私は自分の心がどうなってしまったのか不安で,

本を読んだりネットを見たりしておりましたが,

毎日のように様子を見に来てくれる母もやはり

私がおかしくなってしまったのではないかと心配しており,

母のような普段活字を読まない年寄り(77歳)に

どう説明したらよいかと思っておりましたら,

わかりやすいページをみつけたのでそれを印刷して渡しました。

「喪の作業の話」というタイトルで,

大切な人を喪った人の辿る悲嘆のプロセスと,

周囲の人の対応の仕方などが会話形式で易しく書かれています。


お母さん,私おかしくなっちゃったわけじゃないからね。

今は「喪の作業」とやらをしている最中らしいのだよ。

心配掛けてごめんね。

これからは前よりお母さんに優しくなれると思う。

それってkanitomoのお蔭だね。


 155 ランキングに参加しています
クリックありがとう!
にほんブログ村

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
10歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。