スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中で

今朝 目覚める直前に見た夢のお話です

やっとkanitomoが夢に出てきてくれました

会いたくて会いたくて

夢でもいいから会いたいとずっと思っていたけれど

見た夢は思い出すのが一番辛い kanitomo臨終の場面でした

あの時と違っていたのは kanitomoの身体はいろんな機械に繋がれてはおらず、意識がはっきりしていたこと

kanitomoの身体を抱き起した私は もうこれでお別れだということが頭の中でわかっていました

現実のあの時は 何とかこちらにkanitomoを呼び戻そうと何度も名前を呼び続け 逝かないでと懇願するだけだったけど

夢の中で私は 言いたかったことがやっと言えました

「ありがとう、ありがとう 私ずっと幸せだったよ」

kanitomoも応えてくれました

あれから私がずっと探し求めていた言葉を

一番聞きたかった言葉を

「俺も幸せだったよ」

嬉しかった

悲しかったけど 嬉しかった

夢の中の私は 既にkanitomoのいない7ヶ月を過ごした私の心で話しかけました

「kanitomoがいなくなると淋しいよ」

すると kanitomoは無邪気に言ったのです

「じゃあ(一緒に来れば?)」

(カッコ)の中の言葉は、本当に聞こえたのか

言われたら困る言葉として聞こえないふりをしたのか

記憶は曖昧です



7回目の月命日を明日に控えた 6月1日朝の夢でした


 155 ランキングに参加しています
クリックありがとう!
にほんブログ村

kanitomoさんとお話ができてよかったですね~。じゃあの次はまた夢で会いましょうだったのでは?

Re:

>ルナのははさん

(カッコ)の言葉はいかにもkanitomoが言いそうな言葉です
淋しがり屋でしたから
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。