大施餓鬼 おせがき

毎年8月1日に菩提寺で「大施餓鬼先祖供養会(おせがきくようえ)」という法要が行われる

お彼岸の法要よりかなり大規模で、納涼寄席と称して落語あり、高名な先生をお招きしての法話あり、その後本堂でお坊さん十数人による読経、檀家の参加も本堂からあふれるほどの盛況ぶりである

鐘や太鼓、銅鑼が打ち鳴らされ、十数人の坊さんがお経を読みながら練り歩き、曹洞宗というのはやることが派手なのだ

今年はkanitomoの新盆なので、私の両親にも一緒に行ってもらった

落語好きな親だが落語をやる場所は座敷で年寄りには足が難儀だし、新盆で落語というのも笑って良いものかどうかということで法要から参加することにした

新盆の檀家は新しい麦わら帽子と杖と草履、お米を1、2合持ってくるように言われていたので、帽子はkanitomoが例によって買ったままかぶらず仕舞いだったゴルフ用の帽子を持って行った
これかぶってお盆に帰ってくるのかな?
杖の代わりにゴルフクラブにすれば良かったかも


 155 ランキングに参加しています
クリックありがとう!
にほんブログ村

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター