福島被災猫支援経過報告


昨年12月の猫だらけ展でのチャリティ総額は約43万円でした。

支援はできるだけ物資でということで

必要とされている物資の調整、調達などでお時間をいただいておりますが

きっちりご報告する予定ですので ご支援をいただいた皆さまには

今しばらくお待ちくださいませ。

経過の詳細はmoomamaさんのブログでご覧ください。



福島といえば

13021101.jpg 

南相馬からご依頼いただいた ゆきちゃんとはるちゃんのわがみ絵は

こんな感じになりました。
 
ご依頼の経緯はこちら


右が亡くなってしまったゆきちゃん(母猫)左がはるちゃん(娘猫)です。

ご依頼主のお宅は帰宅困難区域にあり 今はアパート暮らしで

はるちゃんは息子さんが引き取って離れて暮らしているそうです。



12123001.jpg 

これが元のお写真

震災前の幸せな日常の象徴のようなお写真

二度と戻って来ない時間を思うと

見るのがお辛かったそうですが

わがみ絵になってやっと ずっと一緒にいられると

穏やかな気持ちになられたそうです。


よかった

テレビに出て良かったって 初めて思えたかも・・・




あと1カ月で震災から二年になりますね

アベノミクスとかで世の中浮かれてますけど

まだ何も 始まってすらいない場所があることを

忘れてもらっちゃ困りますね。



 155 クリックありがとう
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
にほんブログ村

素敵なわがみ絵が完成しましたね

昨夜からしみじみとみちゃって・・・ ウルウルしてます。
お写真借りて私のブログでも紹介していいかしら?

いろいろ検索してみたんですけどね
nyakotomoさんの本名と 和紙絵といれたり。
そうこうしてるうちに、必死で検索して自分の家族を探している
方を想って 撃沈してしまいました。
来月で丸2年なんて 嘘のようです。

素敵なわがみ絵に仕上がりましたね~♪
ご依頼主の方も喜んでいらっしゃる事でしょうね。
〝ホールドオン〟が結んでくれた絆の威力に万歳!

Re:

>moomamaさん

支援物資の手配ありがとうございます。
預かりさんチームにも頭が下がります。
人が幸せでなければ猫も幸せにはなれませんよね。
道のりは長いですが私もできることはやっていきたいと思います。

どんな検索されたのか不思議ですよね。
細い糸でも繋がる時は繋がるのですね。ありがとうございました。


>ミケトラさん

テレビの力ってあるんですね。
司会のぐっさん 猫嫌いだったので反応薄かったのに・・・
でもネットの出会いと違って
一方的に私の顔だけ知られているのってちょっと恥ずかしいです^^;
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
11歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター