スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐につままれた話

ゴールデンウィーク初日に鎌倉に行ってきました。

その時の ちょっと不思議なお話です。

14042901.jpg 

鎌倉駅の人の数を見て

かなり混雑するのを覚悟していたのですが

小町通りや鶴岡八幡宮はそれほどの人出はなくて

みんな江ノ電に散っていったのかしら?

20年ぶりぐらいの鎌倉

ベタな観光スポットも 当時とはかなり様変わりしておりました。

女四人で食べることと喋ることとお買い物(見るだけ)で

気がついたら鎌倉じゃなくてもできることばかり・・・

日も傾きかけた頃 慌てて手近な佐助稲荷へ

14042902.jpg 

このあと銭洗弁天へ寄っていこうと

友人の一人が多分これが近道だと言って

佐助稲荷の奥の山道を登っていくことになりました。

階段状になってはいるけど 少しぬかっていて

手すりにつかまらないと登れないほど急な道を

まるでアスレチックだよ~と内心思いながらえっちらおっちら上り

頂上らしき場所の手前で 上の方から来る男女の二人連れに会いました。

ハイキング慣れしている感じの服装でしたが

60代後半か70代ぐらいのご夫婦のように見えたので

女性の方に「下りは足元が危ないですよ」と声をかけようかどうしようかと

思っていたら男性の方から「あんたがたどこに行くの?」と聞かれました。

先頭にいた友人が「銭洗い弁天にはここから行けますよね?」と答えたところ

「銭洗い弁天に行くのにここを通る人はいないよ。身体を鍛えたかったら別だけど」

と笑いながら言われたので

我々は即効くるりと方向転換して すごすごと来た道を戻りました。

あぶね~ 鎌倉で遭難するところだったよ

その後無事銭洗い弁天に辿り着き 欲深くざぶざぶお札を洗い(ラッキーセブンで七千円)

「洗ったお金はすぐ使った方がご利益がある」ということなので

これでお土産に鳩サブレと鎌倉カスターを買おうっと(どっちもデパートで買えるけどな)

濡れたお札をひらひらと乾かしながら歩いていたら

またさっきの二人連れらしき男女が向こうから来るのが見えました。

でもなんとなくさっきの二人とは違うような感じがして 友人と

「さっきのおじさんかな? あれ?でも違うかな?」と言い合っていたら

あちらから「ちゃんとお金洗ったかい?」と聞かれたので

やっぱりさっきのおじさんだったんだー

え? でも・・・・

一人の友人と私は顔を見合わせて同じ言葉を言いました。

「女の人のほう さっきと違う人だよね」

鳥肌 ザーーッ

どちらもマスクをしていたのですが

佐助稲荷で会った女性は服装も地味な小柄な老婦人。

今度の女性はマスクの上のつり上がった目がアイメイクばっちり

鮮やかな花柄のチュニックの若い女性だったのです。

お稲荷さんだけに 狐に化かされたのかしらね?

それとも さすが古都鎌倉 秘密の若返りスポットがあるとしたら

おじさん、私たちも行きたかったですぅ!


14042903.jpg 
そこかい!


あ~ 江の電にも乗りたかったな~~

鎌倉 また改めて行くことになりそうです。



 155 クリックありがとう
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
猫と一人暮らしランキング参加中

女性4人でのぶらり旅(?)、楽しそうです(*^_^*)
いいですよね、たまにはお喋りしてお茶して
色々話ながらボッツラボッツラ歩くってのも♪

コジさんのナイス突っ込み(笑)!
でも不思議な話ですね~。
女性だけ変わってたのですか。
怖い話でもありそうな。

昔、旭川というところの山奥で道に迷った時に
深夜過ぎにバスが通り過ぎましてね。向かい側から近づいてきて
通り過ぎる時に沢山の人が乗っていて、こっちを見てました。
当時の彼氏と「こんな時間にバス?」と言って
バックミラーで見たら、バスはありませんでした。
深夜の山奥で迷子になったら、まず町へ出ないと怖い目に合うよ!

Re:

>solo_pinさん

そうなの 若返っていたのよ~
午前と午後とかならまだしも
ほんの小一時間の間でよ。
おじさんが片っ端からナンパしてるとか?

山奥で道に迷うってこと自体怖いわ~
霊とか狐なんかより
生身の人間とか自然の方が数段怖いと思ってます。

そのバス猫の形してなかった?
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
10歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。