母の日

母は81歳です。

実は連休前から腰痛で寝込んでいます。

トイレには杖をついて行けるし ご飯も自分で食べられますが

姿勢によっては激痛を訴えるので

車に乗せて医者に連れていくこともままならず

かかりつけ医に電話すると

「動けるようになったらいらっしゃい」と言われるも

こりゃーいつもの腰痛じゃないなー

年も年だし 骨にひびでも入ったかも?(本人は希望も込めて全否定)

とりあえずレントゲン撮って病名確定してほしいわけですよ。

車椅子なら乗っていられると本人が申しますんですが

3年前は要介護4(右肩骨折&心臓ペースメーカー)が

要介護2になり その後は右腕は伸ばせないものの

日常生活に特に支障なく 介護保険も更新していなかったので

車椅子の調達をどうしよう と ネットで調べたら

自治体の社協というところで格安で(3カ月200円!)

レンタルすることができ、

民間の介護タクシーで車椅子ごと運んでもらい(こちらは1メーターの距離往復約6000円)

診断の結果は「腰椎圧迫骨折」ですと~~

転んだわけでもないのに いわゆる骨粗鬆症で

背骨がつぶれてしまったんですな。

今後の治療は週に一度 テリボンという骨を強くする注射を

72週間続けるんだそうですわ。

おそらく昨年の引っ越しと

そのあとの 私に隠れてカートでこそこそ荷物(梅酒の瓶など)を運んだせいでしょう。

安全で快適な生活をしてほしいと

マンションに引っ越してもらったのが 良かったのか悪かったのか

考えてもしょうがないので

今は毎日おさんどんにかよっております チャリで5分だし。

父は今年85になりますが 洗濯機はマスターしました。

掃除機も丸~くですがかけられます(^^ゞ

私は食事作りと母の身体を拭いたり足湯をしてあげたり

父への愚痴を聞いてあげたり それがだんだん昔に遡っていくんですが

もう今までもさんざ吐かれた毒ですおなかいっぱいですお母さん。

娘として思うところはいろいろありますが

そういうものは一旦脇へ置いといて

親の人生の終盤に付き合う腹をくくる時が来たのかもしれませんね。



で、今日は「母の日」なので

妹にお風呂に入れてもらってお寿司を食べて

声を枯らして喋り続ける母と

今日だけは「もうそれ聞いた」と言わなかった姉妹ですww



14051101.jpg 
庭の「ほのか」が今年も咲きましたv


14051102.jpg 
あ~ 癒される ありがとう




 155 クリック恐縮です
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
猫と一人暮らしランキング参加中

親の介護は避けては通れませんね、うちの母は血圧が高いだけで他はまだ元気ですが、耳が遠くなったり同じことを言ったり聞いたりするのは出てきています。
自分も既に肉体や頭の衰えを感じているので老老介護になるのは必至です。
「今日で終わり」って自分のスイッチを簡単に切れたら楽なのにねv-410

Re:

>オレンジイルカさん

老いていく親を見ていると
生きていくって大変だなと思ってしまいます。
自分の時はどうなるのだろうなんて
考えても仕方がないよね。
スイッチ・・・あっても私は自分で切れるかな?

人生の終盤に付き合う、というところに
じわーっと来ました。
そうなんだ。そういう年齢に、あたいも親もなったんだなーって
しみじみ思いました。
感慨深いです。
つい最近、うちの父もああなっただけに(笑)。
頭じゃ無くて感覚で、もうどれだけいれるんだろうなって
感じることが多いです。
(だったらマメに帰ってやれって話)

うちも姉妹なんですよー。
実家から歩いて5分のところに姉がいるのですが
大体親が事故や病気でどうにかなった時に
助けを求めても助けてくれない(断られる)そうです。
うちの親が元気でいられるのは、ご近所と親戚のおかげだと思いました。

Re:

solo_pinさん

自分のことで精いっぱいなのに
弱っていく親に依存されるなどと考えると
重くて逃げ出したくなることもありますが
人の一生の締めくくりを見届けるのだと
客観的な立場にシフトしてみると
興味深いテーマだと思います。
お姉さまには何か葛藤があるのかもしれませんね。
親も独り身の子の方が言いやすいようですし
かといって自分たちでできることはやっていただいた方が
過保護にするより元気でいられる秘訣だと思いますw
ほどほどにスパルタがいいですよ^^
非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
10歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター