和紙が無形文化遺産に!


「和紙」がユネスコの無形文化遺産に登録を勧告されたそうです。

正式決定は来月ですが

登録されれば昨年の「和食」に続いて

明るいニュースになりますね。

無形文化遺産というのは 和紙そのものではなくて

和紙を作る技術を保護していこうということらしいです。

職人さん達には 大きな励みになるのではないでしょうか。

今回申請されている三つの和紙の産地のうちの一つ

埼玉県小川町で 十二年前に

手漉き和紙ができるまでの工程をひと通り学んだことがあります。

「小川町和紙体験学習センター」というところで

原料の楮(こうぞ)の皮をむくところから

紙を漉いて乾燥させるところまでの十工程を

三か月に分けて三日間 当時通っていたちぎり絵教室の方たちと学びました。

その他に 「かしき祭り」という 刈り取った楮を大きな釜で蒸すイベントに参加したり

夏の暑い中 楮の畑で「芽かき」(余分な脇芽を取り除く作業)のお手伝いをしたりしました。

こんなに地道で手間のかかる作業を経て

一枚の和紙ができるかと思うと

感謝して作品づくりに励まなければと 改めて思います。



十二年前の私 ↓

14102801.jpg 

漉き終わった紙を 紙床に置いているところ

和紙を漉く技術は 当然ながら三日間ぐらいでどうにかなるものではありません。

ここでは十数枚 和紙を漉かせていただきましたが

ちょっとの手の動きで ムラやヨレができてしまい

滑らかで均一な和紙を漉くことの難しさを痛感しました。

手漉き和紙の職人さんの技術って本当に凄い!

和紙業界がこれを機に盛り上がってくれるといいなあ。


14102803.jpg 

先日納品したわがみ絵です。

トイプーのあんずちゃん。

14102802.jpg 

これらの和紙を使って作りました。

右下のモジャモジャは紙素(しそ)といって楮の繊維です。

乾物みたいになっているので 水でもどしてから使います。

今回は毛がクルクルしているところとかヒゲにも使いました。


和紙と出逢ったのも何かの縁

微力ながら私も応援しますよ~


14102804.jpg 

弟子入りしろや

それは無理!(向こうが断るわ)



 155 クリックありがとう
にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
猫と一人暮らしランキング参加中

和紙作ってる!凄い!
こういう作業も無心になれて良いかも。
(何があった自分)←何もないから 邪心だらけで…

トイプーあんずちゃん可愛い!
柔らかそう〜(*^^*)
弟子入り、良いかもよ〜。

Re:

>solo_pinさん

私が学んだ時期は暖かい時期でしたが
本来和紙作りは真冬に冷たい水を使う
厳しい作業です。
冷え性の私には弟子入りは無理!(だから断られるって)

あんずちゃん可愛いよね。
写真から絵にするんだけど 犬と猫は同じカメラ目線でも全然違うね。
ワンコは全身から「大好き~」ってオーラが出てるけど
猫はいろいろ。
あんずちゃんは今年の春 虹の橋に旅立ちました。
飼い主の妹さんにお姉さまからのプレゼントとして依頼されました。
あんず色がお好きだということで オレンジを使いました。
巻き毛が難しかったです。

あんずちゃん可愛いく出来上がり、飼い主さんも大喜びでしょうね。
でも、楽しい思い出がよみがえり辛くなりそう・・・

確かに、猫と犬の違いは「あなたが大好き~!」とアピールしてくる目線と態度が違いますね。(笑)
あの態度が切なくて留守番なんて可哀想でさせられない。
だから、ワンちゃんは飼えません。e-441
猫(モコ)は距離感が良いです。ちょっぴりつまらなさもありますが・・・

Re:

>ミケトラさん

あんずちゃん 15歳だったそうです。
笑顔で思い出せるようになるまで
今少し時間がかかるかもしれませんね。

ワンコの愛は重い?
モコちゃんはクールな方かなあ^^

おお~nyakotomoさん登場ー!職人さんみたい!
そうね~犬と猫はそこが違いますよね、犬はちぎれんばかりに尻尾振って飛びついてくる健気さで溢れてるわよね。
猫も来る時はぐいぐい来るけど気分がクルクル変わるからね~。
でもその俺様気質とゴロニャンの落差が堪らないのよ~v-413
猫好きって基本Mなのかも・・・v-411

Re:

>オレンジイルカさん

十二年前ですよ。
あの頃なら弟子入りできたかも・・・

ツンデレ猫に振り回される
私たってはやっぱMなのね。
非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
応援しています。

東日本大震災・福島第一原発事故から5年が過ぎましたが、警戒区域や、飯舘村などの避難地域にはまだまだ沢山の命達が必死に生きています。給餌や保護に尽力されている個人ボラさんたちが2013年3月11日 福島県郡山市に開設したハウス型シェルター「福猫舎(ふくねこや)」
にご支援をお願いします!
猫たち

コジロー♂
10歳 白黒
しっかり者の兄ちゃん猫
プロフィール

nyakotomo

Author:nyakotomo
(ニャコトモ)♀
和紙で絵を描く和紙絵師
ムサコジ兄弟にひたすらお仕えする日々
和紙絵のギャラリー「猫と和紙の日々」

月別アーカイブ(タブ)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター